理容ライセンスカード

理容店では、資格を持った理容師のみが従事できる事になっており、

技術者が理容師資格を持っていることをお客様にわかりやすくする事が、

業務独占の意義を伝えることが出来るという趣旨である。

タクシーに乗ると、運転席に第2種免許(タクシー免許)の取得年月日と顔写真が掲示されており、

運転資格保持者が運転していることを表示して、お客様に安心感を与えています。


全組合員に配布され、連合会、組合に所属する理容師であるという身分の明確化や出張理容時の

身分証明などへの活用を図ります。



同じプロの技術資格者として、名札を掲示して、お客様に安心を与えることは大切なことと言えます。

このカードは、出張理容時の安心の提供や、資格所有のアピールなどに活用でき、同時に

組合員だけが持つ,員外者との差別化につながるツールでもあります。

こちらのカードを所有してない方は員外者となります。組合を脱退した場合は返却することになっています。

【全理連よりの説明】